YモバイルでiPhone7を契約!コミコミの料金とお得なキャンペーンを解説

YモバイルではiPhone7と通信料金を合わせても、9GB使えて、月々4,622円で使うことができます。大手キャリアと比べて通信費をかなり節約することができますね。

また、iPhone7はスペックが高く、防水機能やApple Payを使うことができますが、発売してから3年ほど経つので、不安に思う方もいると思います。

結論から言って、iPhone7はこれからも使っていくことができるのでご安心ください。

この記事では

「これからもiPhone7が使える理由」 「iPhone7の特徴」

「iPhone7の本体代金とコミコミの料金」

「UQモバイルとの比較」

を解説しています。

iPhone7はこれからも使える

iPhoneはセキュリティと機能の改善のためにiOSを年に1回アップデートしています。そして、機種が古い順番からアップデートの対象外となっていきます。

iPhone7は2019年のAppleの開発者イベントでiOS13のアップデートの対象となることがわかりました。

つまり、2019年も引き続きiPhone7を使うことができます。

iPhone7を長く使い続けるのには向かない
iPhone7を使うことはオススメです。
しかし、今年のApple開発者イベントではiPhone5s、6が対象外になったので、iPhone7も3~4年後はもしかしたら非対応になるかもしれません。

ですので、iPhone7を契約し、2年後には別のスマホにする方にはオススメですが、長く使い続ける予定の方は注意が必要です。

YモバイルのiPhone7の特徴

そもそもYモバイルのiPhone7はどんなスマホなのかを解説します。

画面のサイズは4.7インチでiPhone6sやiPhone8と同じ大きさです。

アウトカメラ(背面)はiPhone6sと同じ画素数ですが、インカメラ(前面)は500万画素から700万画素に上がりました。自撮りをするときによりキレイに写真を撮れるようになりましたね。

画面サイズ 4.7インチ
RAM(メインメモリ) 2GB
ROM(ストレージ) 32GB・128GB
カメラ

アウトカメラ:約1200万画素

インカメラ   :約700万画素

バッテリー容量 1,960mAh
機能

防水・防塵

Felica(おサイフケータイ)

4Kビデオ撮影

iPhone7の防水・防塵機能

iPhone7から防水・防塵機能がつきました。雨に濡れたり、水をこぼしてしまっても安心です!しかし、完全防水ではなく、水濡れによる損傷は保証対象外になるので、お風呂に持って行ったり、iPhoneを着用したまま泳ぐことは止めましょう。

ApplePayが使える

iPhone7からApplePayが使えるようになります。

ApplePayとはiPhone内にクレジットカードの情報を入れておくことで、お店でiPhoneをかざすだけでお買い物ができるというサービスです。

SuicaやiD、QUICPayが使えるのでお買い物や乗車が楽になります。

イヤホンジャックの廃止

iPhone7からイヤホンジャックが撤廃になりました。

イヤホンをiPhoneにそのまま繋ぐことができません。付属の変換ケーブルを使い、充電口に接続することで使うことができます。

iPhone7でイヤホンを使う時はBluetoothを使うか、変換ケーブルを使うことになります。

YモバイルのiPhone7の本体価格

YモバイルのiPhone7は選択した料金プランによって月額割引が変わります。

プランSを選択した場合、iPhoneの割引は1,080円。プランMは1,620円の割引になります。

分割代金から月額割引を引いた、実質代金が実際に月々に払う料金です。

本体価格 iPhone7
32GB 128GB
73,116円 86,076円

実質負担額

(2年間の分割)

分割代金 3,024円 3,564円
月額割引(プランS) -1,080円 -1,080円
月額割引(プランM) -1,620円 -1,620円
実質代金(プランS) 1,944円 2,484円
実質代金(プランM) 1,404円 1,944円

つまり、iPhone7の月々の分割代金は32GBなら1,404円。128GBなら1,944円になります。

分割は2年間です。

iPhone7と通信料金のコミコミの料金は?

2年目以降はワンキュッパ割がなくなるので、月額料金が1,080円上がります。

9GBのプランMを選択しても、iPhone7を合わせて月々が5,000円代なので大手キャリアと比べてかなり節約できますね。

3年目以降の料金は2年間の分割が支払い終わったため安くなっています。

料金プラン 契約年数 iPhone7と通信料コミコミ(税込み)
32GB 128GB

プランS

(3GB)

1年目 4,082円 4,622円
2年目 5,162円 5,702円
3年目以降 3,218円 3,218円

プランM

(9GB)

1年目 4,622円 5,162円
2年目以降 5,702円 6,242円
3年目以降 4,298円 4,298円

プランL

(21GB)

1年目 6,782円 7,322円
2年目以降 7,862円 8,402円
3年目以降 6,458円 6,458円

UQモバイルとの料金比較

現在iPhone7を取り扱っている格安SIMはYモバイルとUQモバイルのみです。

iPhone7の分割代金はUQモバイルの方が1,000円ほど安いです。プランS同士の比較では1,500円近くも差がありますね。

表の括弧内はプランSを選択した場合の料金です。

キャリア iPhone7
32GB 128GB
Yモバイル 本体価格 73,116円 86,076円

支払い総額

(割引後の価格)

  34,236円

(47,196円)

  47,186円

(60,156円)

月額料金

(2年分割)

1,404円

(1,944円)

1,944円

(2,484円)

UQモバイル

本体価格 62,748円

75,708円

支払い総額

(割引後の価格)

13,500円 26,460円

月額料金

(2年分割)

540円 1,080円

iPhoneの料金だけを見るとUQモバイルの方が安いですね。

しかし、Yモバイルではキャンペーンを行っています。

そのキャンペーンを申し込むことで、最大15,555円分お得に契約することができます。

スマホ契約者限定PayPayキャンペーン

Yモバイルにスマホとセットで新規/MNP契約をするとPayPayの残高がプレゼントされます。

契約する料金プランによってもらえる金額が変わります。

※申し込みの前月までにYahoo!Japan IDを取得しておく必要があります。

料金プラン PayPayボーナスライト
プランS 5,000円
プランM 7,000円
プランL 10,000円

5がつく日は5,555円分の残高がもらえる!

5がつく日の「5日・15日・25日」の日に契約すると、追加で5,555円分の残高がプレゼントされます。

ですので、最大15,555円分がもらえます。

料金プラン PayPayボーナスライト
プランS 5,555円
プランM 12,555円
プランL 15,555円

iPhone7契約の注意点

iPhone7を契約するときにどのような注意点があるのか解説します。

契約時に頭金がかかる

契約時に頭金500円が初月の請求と一緒にかかります。

2年以内に解約するとiPhoneの月額割引がなくなる

YモバイルのiPhoneは月額割引があるので、安く契約することができます。

しかし、契約してから2年以内にYモバイルを解約すると、iPhoneの割引がなくなり、本体代金の分割だけが残ってしまいます。

iPhone7 32GBを1年後に解約したときの分割代金の例

1カ月目~12ヶ月目 分割代金3,024-月額割引1,620円=実質分割代金1,404円

13ヶ月目で解約    分割代金3,024-月額割引なし=分割代金3,024円

ソフトバンクからの乗り換えは割引額が減る

Yモバイルはソフトバンクグループということもあり、ソフトバンクからの乗り換えは「他社からの乗り換え」と比べiPhoneの割引が500円ほど減額されています。

ソフトバンク以外の会社から乗り換えした場合

iPhone7の月々の分割代金は以下になります。

分割代金3,024-月額割引1,080円=1,944円(税込み)

YモバイルiPhone7月額割引

ソフトバンクから乗り換えした場合

iPhone7の分割代金は以下になります。

分割代金3,024円-月額割引540円=2,484円(税込み)

YモバイルiPhone7分割

まとめ

iPhone7はこれからも使っていくことが可能です。

3年前に発売された機種とはいえ、スペックは高く、防水機能やApple Payを使用することができます。

YモバイルのiPhone7を利用することで、9GB使えて本体コミコミで月々の料金が4,622円です。大手キャリアと比べたらかなり節約することができますね。

スマホをよく使うから「使いにくいスマホは嫌だ」「性能が高いスマホを使いたけど料金も抑えたい」という方にはYモバイルのiPhone7を検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする